山王病院神経外科・Dr.高橋浩一

HOME サイトマップ 問い合わせ
特発性正常圧水頭症について
  

カテゴリ

本を出しました。
つらい介護に、さようなら
メンタルトレーニングで
心ラクラク
つらい介護に、さようなら ~メンタルトレーニングで心ラクラク~
div class="s more">本体:1,800円(外税)
発行元:出版文化社 出版社サイトで購入する
Amazonで購入する
  

高橋浩一のブログ

   

暑い夏には点滴が効く!

高橋浩一 (2018年8月14日 19:06) コメント(0)

猛暑が続いています。山王病院の外来では、点滴を受ける方が増えています。点滴はどのくらいの頻度で行うべきか?以下を参照下さい。参考までに、最も多い頻度は2週間に1度くらいです。http://www.takahashik.com/blog/2011/01/post-312.html点滴の具体例についてはhttp://www.takahashik.com/blog/2013/10/post-665.ht... ………続きを読む
   

いざ仙台へ!

高橋浩一 (2018年8月14日 18:52) コメント(0)

日本脳神経外科学会 第77回学術総会「特発性低髄液圧症候群に伴う慢性硬膜下血腫156例の検討」の演題が一般口演で採用頂きました。http://jns2018.jp/生まれ故郷である仙台行きは、第42回日本小児神経外科学会参加依頼になります。http://www.takahashik.com/blog/2014/03/5-5.html精一杯楽しんでこようと思います。 ... ………続きを読む
   

アクセプト

高橋浩一 (2018年8月 7日 18:59) コメント(2)

症例報告ですが、下記論文の共同著者に加えて頂きました。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=30074451Journal of Neurosurgery Pediatricsは、小児脳神経外科の臨床として、世界で最も権威のある論文の一つです。難しい病態をまとめ上げた東京都立神経病院Yoshimoto先生、Takai先生、Yasui先生、Taniguc... ………続きを読む
   

バドミントン日本!

高橋浩一 (2018年8月 7日 18:35) コメント(0)

桃田賢斗選手、松本&永原ペア、世界選手権優勝https://www.badspi.jp/201808070700/はじめ、日本選手のバドミントンでの活躍をとても嬉しく感じています。ニュースで試合の状況を観ましたが、凄いプレーに感動しています。当たり前ですが、とても真似できません。http://www.takahashik.com/blog/2018/05/post-1231.html益々の日本バド... ………続きを読む
   

ブラッドパッチ後の経過

高橋浩一 (2018年8月 7日 18:11) コメント(4)

ブラッドパッチ後の経過は、人それぞれ異なり、一言では表現できません。その中でも、ブラッドパッチ後、すぐに効果が現れる。ブラッドパッチして、少ししてから効果が出現する。ブラッドパッチ後、徐々に回復していく。方々が多いと感じています。また中には、ブラッドパッチ後、数日から数週間、調子良くて、その後、悪化する方がいます。このような状況は、ブラッドパッチを施行することで、注入した血液により頭蓋内圧が一時的... ………続きを読む
   

スポーツとは?

高橋浩一 (2018年8月 1日 17:35) コメント(2)

スポーツって、正々堂々、フェアに競い合うからこそ、大きな感動を頂けるし、スポーツによって、ヒューマニズムが高まるものだと思っています。しかし最近、一部競技で、問題が報道されています。何だか、こういった報道を耳にするたびに、とても残念に感じてしまいます。 ... ………続きを読む
   

良いイメージを蓄えて

高橋浩一 (2018年8月 1日 17:10) コメント(0)

脳脊髄液減少症の40代女性。ブラッドパッチを受ける前に、ブラッドパッチを受け、回復され、現在はほとんど症状なく、元気に活躍されている方に話を伺い、「ブラッドパッチで回復するイメージ」「ブラッドパッチ後に活躍するイメージ」など、「良いイメージ」をたくさん蓄えられました。治療後、順調に回復されています。イメージは、病気回復にも重要と考えています。 治療を受けるなら、「良いイメージ」がたくさん... ………続きを読む
   

黄信号の時にどうするか!

高橋浩一 (2018年7月29日 13:25) コメント(4)

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会いつ、行動を起こすための体調、心の状態を信号に例えて、どのような状態の時に青信号、黄信号、赤信号が点灯するのか?そして、その際に何を感じて、自分に何と言い聞かせるか?を考えてみました。青信号とは、迷わず行動できる黄信号は、注意して行動する、ただし、事故が多い時間帯である赤信号は、行動しないです。物事の善し悪し、パフォーマンスの程度を決定す... ………続きを読む
   

様子を見るということは!

高橋浩一 (2018年7月29日 13:12) コメント(1)

「様子を見ましょう!」「ということは、何もすることがないのでしょうか?」といった会話が少なくありません。経過観察中の時間は非常に貴重で、体力回復のために、「睡眠」「食事」「適度な運動」といった生活の基本をどれだけ整えられるかをはじめ、やることはたくさんあると思います。何しろ、通常、病院以外での時間が多いので、その時間をいかに有効に使えるかが回復の鍵につながるように感じています。http://www... ………続きを読む
   

音楽とメンタルトレーニング

高橋浩一 (2018年7月28日 18:12) コメント(0)

先日、洗足学園音楽大学にて「音楽とメンタルトレーニング」と題して、講演させて頂きました。関係者方々、熱心に聴いて頂いた学生さんに心より感謝申し上げます。演奏における様々な感情を表現するためにも、 自分の「心」をコントロールする技術、「メンタルトレーニング」は非常に重要と思います。今回の講演が少しでもお力になれば、とても幸いです。http://www.takahashik.com/blog/2009... ………続きを読む