脳脊髄液減少症や水頭症など脳脊髄液循環障害を専門に診療を行っている高橋浩一の公式サイトです。

どうしたら、毎年、勝つことができるのか⁉

どうしたら、毎年、勝つことができるのか⁉

先日の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

どうしたら、毎年、勝つことができるのか⁉

という貴重なお話しがありました。

勝った年に、1から10までのことをしたとすると、

次の年は、勝った年の1から10の事に11のことを上積みする

3年目は1から11の事にプラスαをする

というような感じで、今まで勝利したことと同じことをしていては研究されるなど、相手に追いつかれる可能性があるため、毎年、毎年、何かを積み重ねていかなくては、何年もチャンピオンでいることは難しい。

逆に同じことだけをしていては、やられてしまう可能性があるとのことでした。

柔道の谷亮子選手は、このような考えをかなり意識していたそうです。

チャンピオンは、なるのも大変だけれど、防衛していく事は、より難しいとは、良く聞きますが、このような、常に向上していく考えが重要なのだと感じました。


次回の関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会は、

4月19日(金)、青山学院大学青山キャンパス (JR渋谷駅下車徒歩10分地下鉄表参道駅下車5分) 

時間:18時ー21時です。 参加費:500円 です。 

 スポーツ選手でなくても参加できます。 

脳脊髄液減少症の回復のために参加されている方々もいます!