脳脊髄液減少症や水頭症など脳脊髄液循環障害を専門に診療を行っている高橋浩一の公式サイトです。

倦怠感

倦怠感

「だるさ」「倦怠感」

どこまでが病的で、どこまでが頑張った結果か判断に迷う場合が多くあります。

倦怠感は生きていく上で重要な症状です。

頑張って仕事した!

一生懸命に運動をした!

ハードなトレーニングをした!

いずれの場合にも、最終的には体が疲れて、これ以上動くと、体に異常をきたすという信号を出します。誰にでも倦怠感はあります。

脳脊髄液減少症で体力が低下している状態で頑張れば、当然、疲れます。中には、立てなくなるほどの倦怠感を訴える方もいます。

でも数日の休養で元の状態まで回復する場合は、決して無理のし過ぎではありません。頑張った結果の「だるさ」なので、褒美を与えて良いと思います。