脳脊髄液減少症や水頭症など脳脊髄液循環障害を専門に診療を行っている高橋浩一の公式サイトです。

暑い五月

暑い五月

5月なのに、すでに暑い日が続きますね!

脳脊髄液減少症の方々は特に水分補給が大切になります。

よく「水分は、どの程度飲めば良いのか?」という質問を頂きます。

私の考えとしては、「量を決めてはいけない!」です。

2リットル以上飲むべきという情報がありますが、この数字は参考にして良いと思います。

ただし、水分必要量は個々の体格や性別で異なってきます。

また暑い日と寒い日でも違いますし、運動量によっても、変わってきます。

なので、水分補給量は、体調やコンディションによって臨機応変に判断すべきでしょう。

充分に水分補給しているつもりでも、足りていない場合もあります。

何となく調子が悪い時に、水分を一気飲みして調子が改善した時は、脱水状態であったかもしれません。 

これから夏本番がやってきます。適切な水分と塩分を補給して、暑い夏を乗り越えましょう!