脳脊髄液減少症や水頭症など脳脊髄液循環障害を専門に診療を行っている高橋浩一の公式サイトです。

秋田書店

秋田書店

秋田書店が、読者プレゼント水増しなどで問題となっています。

悪い点は、もちろん、反省すべきでしょう。

ただ、秋田書店と言えば、「ドカベン」をはじめ、多くの名作を世に出し、多くの方々を感動させてきました。

また脳脊髄液減少症をテーマにしたコミック「怠け病と言われて」

http://www.takahashik.com/blog/2013/04/post-609.html

発売にあたっては、秋田書店の社員の友人が、脳脊髄液減少症を患われた事に心を痛め、三谷美佐子先生と一緒に一生懸命に脳脊髄液減少症を勉強され、脳脊髄液減少症患者の声に耳を傾けて頂きました。

その真摯な姿勢には、「何とか脳脊髄液減少症を認知させなくては!」という想いが強く伝わり、とてもありがたく、そして心強く感じたものです。

そして何より、この御時世の単行本化は非常に大変な事ですが、それを現実化して頂いた秋田書店、そして関係者方々には感謝以外の言葉が見当たりません。

今後も「良いマンガ」を、世に出して頂き、汚名返上頂けたらと切に願います。